電話番号

発泡ウレタンによる高気密高断熱施工の紹介    

①最初に一般的な壁構造を模型で解説します。

A 真上から見た切断面

戸建ての一般的な構造
B 室内側から見た壁構造
木造戸建ての壁構造の解説

①外壁(サイディングが主流)
②構造用面材(合板、パーティクルボードなど)
③通気層(湿気を逃すための工法)
④柱
⑤下地材(石膏ボードの下地材、桟木や一二三)
⑥石膏ボードと壁紙(※プラ板で代用しています)
⑦エアコン貫通スリーブ
⑧断熱材(グラスウール)

※②と③の間に透湿・防水シートが本来ありますが、省略しています。また、筋かいも省略しています。

 

②発泡ウレタンの充填の様子を写真で確認。

●今回は実験ですので、解りやすいグリーンフォームを通常より多めに使用して います。

①穴あけで断熱欠損が出来てしまいます。

穴あけで断熱材の欠損

②発泡ウレタンを充填して断熱を補います。

発泡ウレタン充填

③上部まできっちり断熱材が廻っています。

発泡ウレタン充填を上からみた

④グラスウールを取り除きました。

断熱材を除いたウレタンの様子

⑤約20~30倍くらいに膨張しています。

発布ウレタンの実際

⑥狭い隙間にまでウレタンが入っています。

下側からの写真(発泡ウレタン)

⑦削るとスリーブと壁に密着しています。

発泡ウレタンを取り除いた断面写真

⑧僅かな隙間にも入り込んでいます。

スリーブを取り除いたウレタンの様子

※発泡ウレタンによる断熱補充は2160円です。要予約。